マルチ・ライフ~information~

♪日常のお役立ち情報をまとめてお届けしています♪

*

ししとうの種は取る派?取らない派?美味しく食べられるレシピも知りたい!

      2016/03/29

Pocket

(執筆者:renn)

shishitou

夏の本番さながらの暑さの中、食事の支度どうしてますか?

夏バテしないよう栄養バランスも考え、食欲をそそる調理をして…と大変ですよね!( ̄◇ ̄;)

栄養素を考えると、その季節に必要な成分を摂取できるもの、

やはり「夏が旬の野菜」を摂るのが一番ではないでしょうか。

数ある中から、今回は「ししとう」をご紹介したいと思います☆

スポンサードリンク

ししとうって何?みんなが迷うのは種の処理

夏を迎えるとスーパーの店頭に並びだすししとうって一体どんな野菜でしょう?

もともとは先端が獅子の頭に似ていることから獅子唐辛子(ししとうがらし)と名称されていますが

ししとうと呼ぶほうが馴染みが深いですね(*´꒳`*)

ナス科のとうがらしの甘味種であり、植物学的にはピーマンと同種です。

確かに大きさは違えど、似ています!

ししとうは成熟すると赤くなるのですが、食卓に上るのは熟する前に収穫されたものです。

最近は品種改良により、辛いものが出回ることが減ってきましたが

かつては食物のロシアンルーレットと言われるほどで、10個に1個は辛いものがありました。

辛いししとうは、比較的小ぶりなもので、種の数が少ないものに多いようですが、 見分けることは専門家でも難しいと言われています。

ししとうにストレスを与えると、辛味成分のカプサイシンが生成されてしまうので、栽培してる人は気をつけましょう。

このストレスとは主に乾燥です。

高温乾燥、水不足に肥料不足なども大きな要因となります。

愛情持って育てることが、美味しいししとうを生み出す結果になるのですね(*´˘`*)♡

栄養素としてはビタミンCが豊富なので、免疫機能を高め疲労回復し、夏バテに効きます!

調理法は焼く・煮る・揚げる・炒めるなどいろいろな形で食することができますが、注意事項が一点あります!

購入または収穫したそのままの状態で加熱すると、膨張して破裂しますので

爪楊枝などを使い、必ず数カ所穴を開けましょう!

ししとうの種は取る?取らない場合と比べて何か変わるの?

ところで、調理の時に種は取りますか?

スポンサードリンク

ロシアンルーレット(辛いししとう)に大当たりしないためには、種を取ってしまうのが確実ですね(°m°;)

鷹の爪などでも種を除いて用いることが多いですよね!

種に辛味成分があるからです。

また、大きく育ちすぎたししとうは辛い場合があるので、思い切って実に少し切れ目をいれて、種を取ってしまいましょう。

ししとうの風味、味、食感や香りは少し変わりますが

辛いものが苦手な人がいる場合は取り除いたほうが食しやすいですので、 ひと手間かけてみるのもいいですよ( ‘∀’ )

次に、種を取る簡単な方法をご紹介します!

・まな板の上で、潰さないように念入りに、ししとうをゴロゴロと転がします。

・ししとうのヘタを切り、ゴミ箱やゴミ袋の上にかざして、おしりをポンっと指で弾きます。

・何度か弾くと綺麗に種が取れます。

もし残っている場合は爪楊枝などで掻き出してくださいね(´∇`;)

ししとうの種は取らない?取らなくても美味しく食べられる調理法をご紹介します

思ったより簡単に取り除ける種ですが、そのまま食べるのもオススメです!

調理の際はくれぐれも穴を数箇所開けることを忘れないようにしましょう!

これさえ守れば、爆ぜることもなく安全に美味しくいただけますよ(*^_^*)

手間をかけずに食べやすく、かつ美味しい調理法を少しご紹介しますね☆

・ごま油を使い、砂糖、お醤油で炒めるとおつまみ系になります。

・軽くレンジでチンして、千切りにし、鰹節と混ぜて、お醤油を少したらしても簡単で美味しいしオススメです!

・ししとう自体を味わう方法として、少し焼いて(お好みの)味噌をつけながら「かじる」のも風味があっていいですね☆

まとめ

ご飯お供に、お酒の肴にと工夫次第で変身するししとうですが、 購入の際には、辛いししとうに当たらないよう願いましょう(笑)

もちろん、夏の食卓のイベントとして「ししとうロシアンルーレット」を楽しんでみるのも一興です!

辛味が苦手なお子様とご年配の方は十分に注意していただき、辛いものが大好きな大人達で楽しんでみてくださいね( ´▽`*)

 

→加熱できるオメガ3のエクストラバージンオイルでししとうを美味しく食べよう

スポンサードリンク

 - フード・ドリンク ,

  関連記事

さつまいものおかずをレンジで簡単に作ろう!甘くないレシピもご紹介!

スポンサードリンク 甘くてほくほくのさつまいも。 ふかして食べると美味しいですよ …

ゴーヤのレシピって意外とたくさんあるって知ってました?苦くない調理方法でサラダも!

グリーンカーテンの季節が近づいてきてます! グリーンカーテンとは、ゴーヤなどのツ …

にんじんの保存を冷蔵庫で出来るだけ長期的にできる?しわしわ防止策とは?

スポンサードリンク 常備野菜として、どのご家庭にもあるにんじん。 これからの暑い …

オクラは生でも食べられる?美味しい食べ方とレシピが知りたい!

夏が旬の野菜ってどれだけあるでしょう? レタスやグリーンリーフ、きゅうりやなす、 …

麦茶は水出し?それとも煮出し?そもそも違いってなんだろう

そろそろ暑くなってきて 麦茶を準備する家庭も多くなってきたのではないでしょうか? …

牛乳をそのまま飲むとお腹がゆるくなる!その原因は?豆乳なら大丈夫?

牛乳はいろんな料理や、お菓子づくりなどにも使えて、とても重宝しますよね(*´ω` …

お肉を冷凍するときに気をつけるべきことは?保存期間はどのくらい?

なるべく安い時に買いたい食材のひとつ。 それは・・お肉! スポンサードリンク 特 …

じゃがいもの保存は冷蔵庫で大丈夫?ベストな方法って?芽が出ないようにしたい!

色んな使い方ができて、どんなお料理にも入れられるじゃがいもは スポンサードリンク …

烏龍茶は水出しにした方がいい?それとも煮出し?そもそも違いってなあに?

夏本番も近づいてきて、そろそろダイエットを始めようという方も多いのではないでしょ …

カレーと言えばココイチ!オリジナルレシピでもあのサラサラ感を再現できる!

カレーは家族みんなが大好きなメニュー。 時間がない時のために作っておくと重宝する …