マルチ・ライフ~information~

♪日常のお役立ち情報をまとめてお届けしています♪

*

初節句は男の子が4月生まれなら来年?お祝いの仕方は?場所はどこで?

   

Pocket

(執筆者:renn)

出産を控えたママさん。

今年の冬の厳しい気候も乗り越え、いよいよお腹の中で慈しんできた子どもと対面するときが近づいてきましたね!

お子さんもパパやママに会えるのを心待ちにしていることと思います(*´˘`*)♡

出産も然ることながら、幸せな対面を果たした後には毎日がめまぐるしいほどの忙しさに見舞われるママ。

可愛い赤ちゃんを育みながら、来たる慣例行事が待っています。

スケジュールも考え、行事事の準備もしていかなければならないのですが、その中でも気になる初節句…。

お祝いごとが目白押しで、体が休まる暇もないママがまず悩むのは…

「生まれた年?それとも来年でもいいの?」

このことではないでしょうか?(゚▽゚`*)

<!–more–>

<h3>初節句が近づいてきた!男の子が4月生まれの場合は今年?それとも来年?</h3>

さて、まず初節句はいつお祝いすればいいのか。

これについてはズバリ!

地域の風習や主人のご両親、またはご自分の親御さんに聞く、または調べるのがベストです!(;A´エ` )

なぜか。

もちろんママご自身の家族もとても喜ばしいことなのですが、地域に根ざした風習に則るのも

その地域で生活していく知恵になりますし、何より手助けして頂けるきっかけ作りにもなります。

また「お宮参りを済ませた後に来るお節句が初節句となる」という話もあれば

「初正月を迎えてからのお節句がそうだ」という説。

「生後21日以内にお節句が来るなら来年に」という説もあるようです。

ママの産後の体調や両家のご両親にも相談して、無理のない予定を立てられたら

お子さんも楽しく、みなさんが笑顔でお祝いできるのではないでしょうか?

うちの息子は4月生まれなので、翌年の端午の節句を初節句としましたよ。

参考になさってくださいね♪

<h3>初節句ってそもそも何?男の子と女の子で違う?お祝いの仕方は?</h3>

そもそも、初節句の本来の意味ってなんでしょう?

言葉の通り「初めて迎える節句」ですが、古くは江戸時代あたりから

「1月7日(七草)」「3月3日(桃の節句)」「5月5日(端午の節句)」「7月7日(七夕)」「9月9日(菊の節句)」

と、節目のことを指していて、折々にお祝いをしていたそうです。

当時は男の子、女の子の区分けはなく5月5日の端午の節句は「菖蒲の節句」とも称され、強い香気で厄を払い

菖蒲湯に入ることで無病息災を願っていました。

やがて「菖蒲=尚武」とかけて勇ましい飾り物をし、男の子の健やかなる成長を願ってお祝いをするようになったのが

端午の節句、というわけです。

ちなみに女の子の桃の節句も同じような意味合いですが、3月3日を上巳(じょうし)といい、

中国の水の禊の習わしが日本に入って、穢を払うために流す人形(ひとがた)が雛人形となり、

雛祭りと変化していったようです。

そして頭を悩ませるのがお祝いの仕方ですよね(^_^;)

昔は身内や親戚中が集まって盛大にお祝いをしたようですが、今では身内のみでひっそりと…というケースが多いようです。

自宅に兜や鯉のぼりを飾り、両家のご両親をご招待して、そのお家独自のお祝い膳を囲みます。

特に料理の決まり事もないので端午の節句ですから、柏餅やちまきが添えてあるといいですね!

お赤飯や鯉のぼりの形にしたお寿司などもオススメですよ♪

また記念撮影も増えていますので、3世代、4世代家族が揃って撮影できるならとても素敵だと思います(人´ω`*)♡

<h3>初節句を経験済みの男の子をもつ先輩ママに聞こう!場所はどこでするもの?</h3>

外食してお祝いする場合は、お店の段取りなどがありますので

希望などあればご招待する方に聞いておくといいでしょう。

基本的にご招待してお祝い膳を囲むのであれば、お祝いを頂いてもお返しの必要はないようですが、

気になるようでしたら柏餅などをお土産としてお渡しするのがオススメです。

ご自宅でする場合も同様で、お祝いしていただいてる様子などを写真に収めたりしておくと

プレゼントもできるし、思い出にも残るので手が開いている方にお願いしてみるのもいいですよ!

<h3>まとめ</h3>

いかがでしたか?

妊娠から出産、子供のための年間行事。

特に初めてだと戸惑うこともしばしば…。

でもご主人やご自身のご両親、子育ての先輩ママから見て聞いて、

楽しい育児といつまでも思い出に残るお祝いにしたいですよね!

私は上が男の子ですが、わりと簡単に家族だけで初節句を済ませてしまいました。

バタバタしっぱなしで写真も残ってない始末ですが、心の中に思い出として大事にしまってますよ♪

たまに主人と話したりして、息子の成長を痛感する今日このごろです(゚▽^*)

 - 子ども, 年中行事

  関連記事

暑中見舞いと残暑見舞いの違いが知りたい!それぞれの時期は?書き方はどうしよう?

「夏の挨拶状」って何かご存知ですか? お世話になった方などにこちらの近況を報告し …

熱中症対策について知ろう!子どもへの水分と塩分補給のポイントって?

暑い日はいきなり気温が上がって真夏日!という日も出てきました。 これから気になる …

小学生の夏休みの宿題に工作が!一年生でも出来る簡単な船と貯金箱の作り方とは?

夏休みが近づいてきました!! 悩むのは毎日のお昼ご飯と工作の宿題(>_< ;)と ...

お歳暮とはなんだろう?送る時期はいつ?誰に出せば良い?お中元との違いって?

夏のお中元、冬のお歳暮。 「お世話になったあの方に…」 テレビでも時期が来るとよ …

月見団子の作り方って?使うのは白玉粉?だんご粉?最後に片栗粉はいる?

秋には“中秋の名月”といわれる十五夜があります。 そんな …

お通夜のときの服装について知りたい!女性親族の場合は?髪型は?パールは必要?

突然の身内の不幸…。 訃報を聞いたらとにかく駆けつけよう!と思いますが いざ出か …

運動会のお弁当どうしよう!料理苦手でもできる簡単なおかずの作り方と段取りとは?

運動会のお楽しみと言えば何と言っても『お弁当』ですよね(*´∀`*) ずいぶん早 …

おばあちゃんへのプレゼントっていつも迷う!敬老の日におすすめなギフトとは?

毎年9月の第3月曜日と言えば、敬老の日ですね(*´∀`*) いつも野菜をくれたり …

赤ちゃんの爪トラブル対処法!ひっかくのに切らせてくれない時や切りすぎた時は?

赤ちゃんの小さな爪。 こんな小さな指にちゃんと爪もできるんだな~なんて感心してし …

夏休みの工作どうしよう?小学生の男の子でもママと簡単に作れるものって?

春休みと違って夏休みは宿題がタップリ出ますよね。 その中でもどうしていいのか分か …