晴雨兼用の折りたたみ傘を選ぶ基準は?UVカット率?ブランド?

ライフスタイル

PAK86_higasatenshi20130512500-thumb-800x1200-5467

少し暖かくなってくると、女性なら紫外線が気になりますよね。。

日焼けは女性の大敵です!(笑)

すぐに梅雨も訪れますので、折りたたみの傘がとても便利な季節になってきましたね(^^)

折りたたみ傘でも晴雨兼用のものは、晴れの日は日傘、雨の日は普通に傘として使えるので重宝します。

UVカット率も高いものが多く見かけられますので、選ぶのに困っちゃうくらいですよね☆(^_^;)

手頃な値段で買えるものもたくさんありますが・・・

「どうせなら良質なものが欲しい!」

そうですよね(*´ω`*)

せっかく買っても、骨がすぐ折れた・・!

とかでは愛着も湧きませんよね↓

お買い物に行く前に、折りたたみ傘のアレコレを知っておきましょう☆

晴雨兼用の折りたたみ傘にUVカットは欲しい!

そもそも、普通のUVカット機能がある傘とない傘では、そんなに差があるものなのでしょうか?

実は、そんなに違いはないそうです(^_^;)

タグにUVカットとしっかり書いてある商品は、UVカット加工が施されているか、

検査機関でUVをカットする機能があることが確認されているかのどちらかになります。

特に何も書いていなくても、普通の晴雨兼用の傘にはUVカット機能はあります

さらに、晴雨兼用ではない普通の雨傘でもUVカットの機能があるそうです!

なんと・・!!(゜o゜;

ネイビーやブラックな色の濃いものなら90%以上、

ホワイトやベージュの薄い色でも80%くらいのUVカット率があると思っていいそうです。

安価な晴雨兼用の傘は、普通の黒い雨傘と同じ生地を使い、レースなどの装飾を施し、日傘らしさを強調した商品です。

それでも怒らないであげてください(笑)

ブラックならUVカット率は90%はあるそうですから(*´ω`*)

それでは、ちゃんとUVカット加工がされているものは、していないものに比べてどれだけ優れているのでしょうか?

実にその差は5%程度!!(゚д゚)

なので、普通の傘を日傘代わりにしたって何の問題もないのです☆

美白命!で、究極にUVカット率を求める方は、生地全面にアルミを蒸着したシルバーコーティング加工や、

生地全面にポリウレタンをコーティングした加工の商品を探すと良いです♪

でも、UVカット率にこだわりすぎるのはあまり良くありません(^_^;)

あくまでも上から降り注ぐ紫外線を防ぐ機能しかないからです。

日中の紫外線は直射日光に含まれるものよりも「散乱光」に含まれるものの方が多いので、

ストールなども駆使して、トータルな紫外線予防を心がけましょう(ノ´∀`*)

晴雨兼用の折りたたみ傘でおすすめなブランド

安価な晴雨兼用の傘は、まあ・・それなりということがわかりました(^^;)

じゃあ、どんなブランドがいいのでしょう?

と言うことで、特にお勧めなブランドをご紹介します(*^_^*)

★BLUNTアンブレラ

時速117キロ(秒速32メートル)に耐えられる!!

★タフネスアンブレラ

時速40キロ(秒速11メートル)に耐えられる!

★センズアンブレラ

壊れにくさでは圧倒的かもしれませんΣ(゚Д゚)

★ハローレイン

100%完・全・防・水!

上記にもいろいろありますが、ひとまずこの4つは要チェック☆

あなたにぴったりのブランドを見つけてくださいね(ノ´∀`*)

まとめ

いかがでしたか?(*^^*)

新たな気付きはありましたか?

これを機にちょっとランクアップした日傘を選んでみても良いかもしれませんね♪

ちなみに、ワンポイントアドバイスとして、

傘の骨の部分が金色の物を選ぶといいですよ☆

また、「JUPA」マークが付いている商品は品質の点でも安心です!

修理の対応も受けてくれる可能性が高いので、こちらも参考までに(*´ω`*)