土用丑の日に絶対食べたいうなぎ!美味しい食べ方と上手に温める方法

ライフスタイル

夏と言えば土用の丑の日(^^)

丑の日が近づくとスーパーにもたくさんの幟(のぼり)が立って

それまですっかり忘れていたとしても

「あ!うなぎ食べなきゃ!!」って気持ちになりませんか?

更に2015年は土用丑の日が2度あります♪

今年はいつもよりもっと美味しくうなぎを楽しみたい(^。^*)

美味しい食べ方。

美味しく食べるためのコツを紹介します!

土用丑の日と言えばやっぱりうなぎ!その美味しい食べ方

土用丑の日と言えばうなぎ!!ですよね。

丑の日のうなぎ、どんな風に食べますか?

一番オーソドックスなのが「うな重」ですね!

丑の日が近づくとスーパーではタレのついたうなぎの蒲焼がたくさん並んでいますよね。

うなぎを温めてご飯にのせれば「うな重」の完成です。

簡単にできてしまうのもありがたい一品ですよね♪

うなぎと言って食べたいな~と思うのは「せいろ蒸し」

こちらは家庭で作るのはちょっと難しいかもしれません。

家庭で挑戦してみたいうなぎ料理「ひつまぶし」

土鍋で炊くのが難しくても

うな重で楽しんだ後に

少し残しておいた蒲焼を小さく切ってご飯にのせ

ダシでお茶漬けにして食べる「うなぎ茶漬け」

わが家の人気メニューです。

ひとつの蒲焼で二度美味しくて楽しめますよ♪

土用丑の日にスーパーに並んだ市販のうなぎ。ふっくらとさせる温め方とは?

土用丑の日になるとスーパーにたくさん並ぶうなぎ

せっかくの土用丑の日!

今夜はうなぎを楽しむぞ(^^)…と張り切って買って帰ったものの

自宅で作ってみて

「あれ。こんなはずじゃなかった…」

という経験はありませんか?

お店に並んでるときには焼きたてだったうなぎも

帰って料理する時には冷めてしまっています。

そのうなぎをただレンジで温めただけだと

いまいちな結果になることもしばしばです。

スーパーで買って食べても美味しくない(>_<)と諦めないで

温め方を一工夫するとお店のあの味になるんです!

まずはどんな温め方をするときにも必ず

お酒をひとふり!!

日本酒なんかいいですね(*´∀`*)

レンジでもグリルでもフライパンでも同じです。

このひと手間でうなぎがふっくらして美味しさが格段にアップします。

更にもうひと手間。

それはうなぎについてるタレを一度洗ってしまってから温めるということ。

え?洗ってしまってはせっかくのタレの味が…

初めは躊躇していまいますが

しっかり洗うと臭みもとれて本当に美味しく仕上がります。

ちなみにわたしはグリルで焼いて温めなおすのが好きです。

タレを洗い流した後にお酒をふってグリルで5分ほど焼きます。

足が物足りなくならないか心配な時は

スーパーで一緒に販売されているタレも一緒に購入しておくと安心かもしれません(^^)

まとめ

今年は二度くる土用丑の日!

暑い時期を乗り切るためにはたっぷりの栄養を。

夏バテに負けないためにも食卓に美味しいうなぎを取り入れたいですね。

スーパーで買ったうなぎにひと手間かけると

お店で食べるような美味しいうなぎに大変身♪

家族もきっと喜びます(^-^)v

美味しいうなぎで元気な夏を過ごしましょう!

是非試してみてください。