浅草寺のほおずき市の由来ってなんだろう?開催時間は?何時までやってるの?

ライフスタイル

年間約3000万人もの参詣者が訪れる民衆信仰の中心であり、

観光名所である浅草寺は寺院として都内最古といわれています。

また「浅草観音」と呼ばれながら親しまれていますが、参拝客がもっとも集中する日が2日間あります。

それが「ほおずき市」とよばれる縁日の日です。

浅草寺のほおずき市の由来ってなあに?

hozuki hchiue

ほおずき市は観音信仰とも縁が深く、古くから毎月18日は「仏様と特別なご縁のある日」という意味を込めて「縁日」と呼ばれ、

この日に参拝すると大きな功徳があるとされていました。

特に7月10日は、

1日のお参りで「4万6千日分」の参拝効果があると人々が集まるようになったのが江戸時代の頃からです。

その日に、一番乗りを目指した人々が9日にも参拝を始めたことから7月9日・10日の両日が「4万6千日の縁日」として認められました。

そして当時ほおずきは、煎じて飲むと子供のかんの虫や大人の癪(原因が分からない疼痛を伴う内臓疾患)によく効くと言われていて、

愛宕神社の千日詣りのお土産として持ち帰っていたのがほおずき市の始まりです。

ではなぜ浅草寺にこの市が立つようになったのでしょう?

その昔…源頼朝が奥州討伐の帰りに浅草で軍勢を休ませ、

日射病で倒れた兵士達に、ほおずきの赤い実を食べさせて元気づけたという言い伝えが残っています。

諸説ありますが、浅草寺でほおずき市が開かれるようになった理由のひとつとされています。

浅草寺のほおずき市の開催時間は?

hozuki ikaku

多くの人で賑わいをみせる浅草寺のほおずき市は

2015年7月9日~2015年7月10日に開催されます。

浅草寺で開催されるほおずき市は何時までやってるの?

ここのほおずき市では、ほおずきの販売はもちろん2日間限定で入手可能なアイテムがあります。

雷よけのお守りです。

このお守りは、本堂が開門している時間帯だけということですが、市が開催されている朝8時~夜8時頃までなら確実に手に入ります。

薬草、縁起物のほおずきと合わせて、限定なので手に入れてみたいですね!

またほおずき購入のお得情報として、2日目の夕方以降を目安にするとお安くなってる可能性がありますから売り切れないうちにゲットしてみてください!(*^^*)

まとめ

hozuki huurin

晴れた日には空の青とほおずきの朱がコントラストを成す「浅草寺のほおずき市」

たくさん功徳を頂けたり、お守りを頂けたり、縁起物を手に入れられたりと大変お得な2日間です。

年に一度の開催ですので、お近くにいるならぜひ参拝してみて下さいね☆(*´∀`*)