淀川花火大会の場所って?おすすめの観覧スポットの確保は時間に余裕を持って!

ライフスタイル

夏がやってきます!

夏の風物詩といえば…そう!花火!

大輪の花が夜空に咲く景色は幻想的ですよ~。

仲間でわいわいと楽しむ花火もいいですが、今年は少しロマンチックに彼女と2人で過ごしてみたくありませんか?(*´꒳`*)

押さえるのは有名どころ、大阪で開催される「淀川花火大会」がおすすめです!

淀川花火大会の開催場所って?

例年、多くの人達で賑わいを見せる「淀川花火大会」

開催場所と時間、交通手段もしっかりチェックして素敵な思い出にしましょう(*´∀`*)

第27回なにわ淀川花火大会

開催日時

平成27年8月8日(土) PM7:50~PM8:40(予定)

会場 新御堂筋淀川鉄橋より下流国道2号線までの淀川 河川敷。

梅田会場側の最寄駅

・阪急電鉄 梅田駅(徒歩20分)

・地下鉄千日前線 野田阪神駅(徒歩10分)

・阪神電鉄 野田駅(徒歩10分)

・JR 大阪駅(徒歩10分)

・地下鉄 梅田駅(徒歩20分)

・JR東西線 海老江駅(徒歩10分)

十三会場側の最寄駅

・JR東西線 御幣島駅(徒歩5分)

・阪神電鉄 姫島駅(徒歩5分)

・阪急電鉄 南方駅・十三駅(徒歩5分)

・JR 塚本駅(徒歩5分)

・地下鉄 西中島南方駅(徒歩5分)

駐車場も駐輪場もないので、徒歩でのアクセスが一番おすすめです。

人ごみを歩くのは疲れますが、彼女と一緒なら5分、10分なんてあっという間ですよね☆

楽しく話してる間にすぐ到着できますよ(人´∀`*)

淀川花火大会の観覧場所のおすすめ穴場スポット

「阪神高速の西側(十三側) 塚本エリアの河川敷」

17時を過ぎても余裕があるので、一番のおすすめです。

「淀川河川公園内の海老江グランド周辺」

海老江エリアの河川敷も塚本エリアと引けをとらないくらい、17時以降でも比較的混雑は緩やかな場所です。

野田や海老江方面からのアクセスが便利ですよ。

「梅田スカイビル空中庭園展望台」

食事もトイレも心配ない知る人ぞ知る穴場。女性には嬉しいですよね!

花火大会当日は23時までの営業延長で、地上170mの空中庭園はスペシャルな特等席になるでしょう。

見上げるのではなく、視線と同じ高さで繰り広げられる鮮やかな大輪の花にウットリすること間違いありません(人´ω`*)♡

「新御堂筋の西側」

打ち上げ場所からは少し離れてますが、上空に打ちあがる花火をパノラマで楽しめます♪

屋台が立ち並び、わいわいとしたお祭り的な雰囲気が味わえます。

淀川河川公園西、中島地区野球場は、割と場所が取れてしまうおすすめの穴場スポットです(-^0^)人(^0^-)

淀川花火大会をじっくり見たい!場所取りに最適な時間は?

駅への到着が午後18時頃を過ぎると、打ち上げ時間までに会場に到着できない場合があったり、

各駅での入場制限や周辺各所で、安全確保の為の規制がされている場合もありますので、注意が必要です。

綿密に計画を立てても、肝心の花火が見られないのはもったいないですよね(>_<) 「じゃあ何時くらいに行けばいいの?」

とにかくはやく場所を確保しておけば良い!と思っちゃうところですが・・

12時までに場所取りをすると、人がいてもいなくても撤去されてしまいます。

ゆっくり別の観光スポットを楽しんだあと、混み具合にもよりますが、16時くらいに行くと河川敷に入れる場合が多いです☆

不安な方はもう少し早めに来ておいてくださいね♪

早く来ておけば、屋台を見て回れる時間もできます☆

大人気の花火大会ですので、座ってゆっくり・・は難しいかもしれませんが、立ち見でも十分楽しめます(*´∀`*)

17時だと場合によっては河川敷に入れない可能性もありますので、はやめに来ておいて頂くことをおすすめします☆

18時だと河川敷には入れず、橋の上からになってしまう可能性が大ですので、遅れないように時間をチェックしておきましょう(*´`*)

上記の時間はあくまでも目安ですが、ぜひデートプランを立てる際の参考にしてみてください☆

まとめ

美しい花火の祭典。

じっくり下調べして、最高の夏の夜を楽しみましょう(*´∀`*)

音楽とともに夜空を彩る花火と、大切な人の笑顔が幸せな思い出となりますように♪