ゴーヤのレシピって意外とたくさんあるって知ってました?苦くない調理方法でサラダも!

ライフスタイル

グリーンカーテンの季節が近づいてきてます!

グリーンカーテンとは、ゴーヤなどのツル性の植物を壁や窓の外やに張ったネットなどに這わせ、

カーテンのように覆ったもののことをいいます。

自然の力をうまく活用した夏の省エネルギー対策です。

緑のカーテンで暑い夏の日差しを遮断して、エコで涼しい夏を過ごしたいですね。

カーテンに選ばれる代表といえば、ゴーヤじゃないでしょうか(*´I`*)

種からなら4月中には植えなければいけませんが、苗からなら6月!

カーテンを作ってエコ、食材を手に入れてお財布にもエコなゴーヤ

苦いと評判のゴーヤですが、下ごしらえや、調理の仕方で簡単においしくいただけますよ(ゝω・´)

ゴーヤのレシピってチャンプル以外どんなのがあるの?苦くないように調理したい!

ゴーヤはとても栄養価の高い食品です。

トマトの5倍のビタミンCがありますし、

あの苦味成分には免疫力アップガン予防にも効果があります。

食べやすくして、夏の健康を維持したいですね!ヽ( ・∀・)ノ

調理の前の下ごしらえは大事です。

その前に購入段階で見極めちゃいましょう!

ゴーヤは「ゴーヤタイプ」「ニガウリタイプ」の2系統にほぼ分類できます。

ゴーヤタイプは、名産地として知られる沖縄で育まれ、色が薄くてやや太めなのが特徴で苦味が少ないです。

ニガウリタイプは、九州南部が産地で色が濃くて細長く、こちらは苦味が強いです。

もちろん細かく分類することもできますが、簡単に見分けるならここですね!

そして下ごしらえですが、白いワタの部分をなくなるまで丁寧にこそげ落とし、薄く切ってから塩もみし、水洗いします。

水洗いした後少し水にさらすか、軽く湯がくのもいいですよ(⌒^⌒)b

下ごしらえができたら、お子様も食べられる調理方法ですね☆

まずはカレーです!苦味が消える、と定番ですよ!

次に油で揚げた天ぷら薄切りスライスのチップスです。

ただ苦味は油に溶けたりしないので、結構薄めにスライスしたほうがお子様にはパリパリして食べやすくなります(*・∀-)☆

あとは相性のいい豚肉とゴーヤのスライスを炒め、市販の焼き鳥のたれなどで味付けをします。

甘辛がオススメです!合わせるのは鶏肉でもイカゲソなどでも美味しいです!

ゴーヤに含まれているβカロテンは、油で炒めることによって吸収率が格段にアップしますのでお得ですよ!

ドリンクとして紹介するのは、ミキサーにかけたゴーヤ&完熟バナナジュースです。

シェイクのようになるまで冷やすのがポイントですが、美味しく飲むために、初めてのお子様にはゴーヤをほんの少しにしましょう!

和え物としてのオススメは、

湯がいて下ごしらえしたゴーヤに鰹節をたっぷり入れて、

練り梅と醤油で味付けした夏にあうさっぱり系の和え物です。

食欲不振を回復するのにひと役かってくれます(人*´∀`)

ゴーヤのレシピに困ったら苦くないアレンジのサラダもおすすめ!

見た目にも色鮮やかな緑なので、サラダにするのもよいのではないでしょうか☆

初めは普通の野菜サラダにアクセントとして素揚げしたゴーヤチップスを散らしてみるのもオススメです!

また塩もみして10分ほど水にさらしたゴーヤに、ポン酢ドレッシングをかけてゴーヤそのものを頂くのもいいですし、

まだ苦味を感じる場合は湯通し、または2分ほど湯がくと食べやすくなりますよ( *’ω’* )

豚肉の冷しゃぶと合わせてみたり、薄切り湯通ししたゴーヤスライスをたまねぎスライス(または新たまねぎのスライス)と合わせて

ツナとマヨネーズで混ぜていただくのもいいですね!

ドレッシングや醤油など、味付けで洋風にも和風にもなりますからお得です♪

最後に、緑ではなく白いゴーヤがあります。

「白にがうり」と称されるこのゴーヤは長さが10cm~20cmぐらいになり、太さは5~7cmぐらいです。

特徴として、イボは極度なトゲ状ではなく丸みを帯びていて、苦味が少なくサラダ向きの品種ですので

ゴーヤ初心者なら白にがうりから試してみるのもいいですね(☆☆)!!

まとめ

いかがでしたか?

簡単にゴーヤのレシピをまとめました。

今年はゴーヤでグリーンカーテンしてみませんか?

おいしく食べられれば、お財布にも優しく、健康にもいいですから一石二鳥です!

ぜひ試してみて下さいね(*´꒳`*)