夏休みの自由研究どうしよう?小学生でも簡単に出来る理科を応用しよう

ライフスタイル

暑く長い「夏休み」が近づいてきてますね。

夏休みといえば、宿題です。

教科ごとのドリルや毎日の日記、そして夏休みの大きな宿題といえば…

「自由研究」ですね(´▽`*)

お子さんが自分からあれしたいこれしたい、という意欲があれば導いてあげるだけでいいのですが

困るのは本人が何をしていいかわからないような場合です。

まずは興味があることがないか聞いてみましょう。

お子さんも気づかなかった自分の中の探究心が芽生えるかもしれません(人´∀`*)

夏休みの宿題と言えば自由研究・・小学生の子どもを持つママは大変!

休みが長いということは、何をするか悩める時間もたっぷりあるということです☆

知りたいこと、考えたいこと、実験したいこと、記録したいことなどないかお子さんに尋ねてみましょう。

またはお子さんが日々興味を持っていることを深く知るのもオススメですよ!

始まりから現在に至るまでを調べてみたりするのもいいですね(*^_^*)

題材が決まれば、今度は研究方法です!

夏休みの自由研究ってそもそも何すればいいの?小学生でも簡単にできる事って?

研究方法はいろいろあります。

生き物なら飼育して観察をする、実験なら記録し結果を残す、または人や本から情報を集めて比較など

1日でできるものから何日もかけてするものまで、幅広くありますので、

お子さんの性格やテーマに沿った方法を試しましょう。

身近なものを使った実験や、ペットを飼っているなら生態系の観察(写真を撮る、絵に描く、文章で説明する)、

気になる物や事柄の起源を調べてみたり、現在使っているものは昔はどんな形だったかなど、実に様々ですが

「自分で考え、自分で調べる」を基本に、小学生低学年のお子さんに向いているものを少しご紹介しますねヽ(*´∇`)ノ

お庭があるお家なら、庭に生えている植物や生息する虫などの種類を調べたり、

おじいちゃんおばあちゃんのお家に遊びに行く予定などあれば、植物や虫の種類などを比較してみるのも面白いですよ!

1度に調べると大変なので、お子さんに合わせて1日1つ~2つずつを目安にすると続けやすいのではないでしょうか☆

また、お家にある野菜や果物が水に浮くかどうか調べるのも簡単でいいですよ!

使う野菜や果物に合わせた水槽やバケツ、大きいものを使うなら思い切ってお風呂場でしてみるのもオススメです(*^_^*)

初めに「これは浮く」「これは浮かない」など予想しておき、ノートに書いておきます。

実際に浮かべてみた結果もノートに書いて、浮いたもの、沈んだものの特徴を考える実験です。

土の中の野菜であるとか、木になる実であるとか、中が空洞であるなど…いろいろありますね!

調べたときの感想などつけてみるのも自分だけの実験結果になって達成感も生まれますよ(≧▽≦)

夏休みで一番大変な自由研究。小学生の理科系少年少女に向いている題材とは?

何かを育てて観察、記録するのもいい方法だと思います。

もやし・豆苗(とうみょう)・貝割れ大根など身近なもので、安く手に入るので始めやすいのではないでしょうか♪

育てるものの比較でもよいですし(育て方を同じ環境にする)、水以外のものでも育つのか、

同じ種類で、違う環境で育てたものの味の違いはあるのか(食べられるもの限定になりますが)、などいろいろ広がりますね(@o@ !!

お世話をするうちに、育てる大切さや楽しさが芽生えてくればなおよいですね!

もやしは豆からなりますが、初めての場合は短期間で育つ緑豆や小豆がオススメです。

豆苗は購入したものの根っこを残して再利用します。

貝割れ大根ももやし同様、豆から育てます。約1週間ほどで育つので観察に向いています。

いずれもネットに栽培方法や栽培キットの情報などがたくさん載ってますので、

お子さん自身が調べながら、ご一緒に育ててみてはいかがでしょうか(*´꒳`*)

感想なども言い合うと親子のコミュニケーションもとれて、一石二鳥ですよ!

まとめ

自由研究は、結果だけではなく研究している経過が大事です。

小学生だからこそ、できる自由研究があります!

手を引いてあげるだけではなく、時には背中を押してあげてください。

自分でやり遂げた、という達成感でお子さんは大きく成長されるでしょう。

今年の夏休みはぜひ、お子さんとご一緒に研究されてみてはどうでしょうか?

新しい発見があるかもしれませんよ?(*´ー`*)