日焼け止めの基本的な塗り方って?顔と体に塗るときのポイント

ライフスタイル

徐々に日差しが強くなってきましたね。

日焼け止め対策、どうしてますか?

焼けたくない!という人も

シミを作りたくない!という人も

日焼け止めを塗って紫外線対策をしていることと思います(^^)

知っておくと得をする?!

効果的な日焼け止めの塗り方を基礎からおさらいしましょう(^^)b☆

日焼け止めの塗り方を学ぶ前に基礎知識を知っておこう

日焼け止めの塗り方を学ぶ前に…。

まずは日焼け止めの基礎知識から学んでいきましょう♪

そもそも日焼け止めとは、紫外線をブロックする事を目的に作られた化粧品。

日焼けや炎症を防ぐ、そして肌の老化を防ぐ、という役割があります。

【種類】

大きな種類としては“顔用”“体用”があります。

“体用”に比べて”顔用”の方が低刺激になっています。

ですから”体用”を顔に使用するのは避けた方がいいでしょう。

その逆は問題ありません(^^)

【使用期限】

去年使った日焼け止め。

まだ残っていたら使いたいところですが…。

日焼け止めは開封後1年以内に使い切ってください。

雑菌の混入、二次汚染などが考えられ、品質が低下している可能性もあるからです。

【SPFとPA】

日焼け止めにある表示“SPF”“PA”

数字や+と一緒に表示されていますが、これって一体なんの略なんでしょう(@-@?

これはどちらも紫外線をどのくらいカットできるかを表しています。

SPF値とは紫外線防止指数とも呼ばれ

日焼けやシミの原因となる紫外線B波のカット効果を数値化したものです。

紫外線B波によってお肌に日焼けが起きるまで通常で約20分かかると言われています。

SPFは日焼けが起こる20分という時間をどれくらい延ばせるのか?を数値化したものです。

SPFが1なら効果は20分。

20分間紫外線からお肌を守ってくれる、ということになります。

PA値は日本だけの基準ですが、紫外線A波をどれくらいカットできるのか?の値です。

紫外線A波は真皮に届いてしわやたるみの原因になっています。

怖い…それは是非とも防ぎたい…(;_;)

効果の高さは+の多さによって4段階で表されています。

日焼け止めの塗り方~顔編~

日焼け止めで一番気になるのはやはり『顔』ではないでしょうか?

実は塗り方が間違っているとせっかくの日焼け止めの効果も半減(;_;)

肌のトラブルに繋がりかねませんので、正しい塗り方をおさらいしましょう☆

顔に日焼け止めを塗る時にまず気をつけたいのは保湿です。

洗顔後いきなり塗ってしまうのは避けましょう。

まずは化粧水や美容液でしっかり肌を整えてから塗ります。

お手入れをしない状態で日焼け止めを塗ると

塗ったことにより、乾燥を招いてしまう…ということもあります。

出かける直前に塗ると、日焼け止めの効果をしっかり発揮できませんので、

お出かけ30分前には塗っておくようにしましょう(^^)b

では日焼け止めの基本の塗り方です☆

まずはちょっと多いかなと思うくらい手に取るのがポイント。

適量を手の平に取ってから、まんべんなくのばしていきます。

ムラにならないように均一に。

そして塗り残しのないように塗りましょう。

少量ずつ足して塗ったり、一度にたくさんの量を塗るなどするとムラができてしまうので注意してください。

日の当たりやすい鼻周り

頬骨など高くなっている部分。

照り返しのある強いあごの下など

日焼けしやすい部分には二度塗りをしましょう。

日焼け止めの塗り方~体編~

体の日焼け止めも顔と同じようにムラにならないように塗るのがポイントです(^^)b

丁寧に塗っていきましょう。

顔は気にしていても体は忘れがち…。

肌が露出している部分すべてに日焼け止めは必要です。

体にもシミができますのでしっかり日焼け止めを塗りましょう(^^)/

体の日焼け止めも顔と同様ムラに注意します。

また塗り忘れには注意を!

首の後ろ足の甲などは忘れがちな部分です。

首の後ろは自分では見えませんが、焼けやすいんですよね…。

足の甲もサンダル焼けしてしまうとかなり落ち込みます。

忘れないでくださいね(*^^*)

まとめ

いかがでしたか?

なんとなく塗っていた日焼け止め

もう一度日焼け止めの基礎知識と、

塗り方のポイントをおさらいしました!

しっかりした日焼け止め対策で日差しに負けない夏にしましょう(^▽^*)