お盆とお彼岸の違いって何?それぞれの時期と由来についても知ろう

ライフスタイル

「お盆」「お彼岸」になるとご先祖供養をしたり、お墓参りに出かけたりしますよね。

どちらもお墓参りをする、仏教行事だと考えていても

そもそも「お盆」と「お彼岸」って何?

どう違うの?

―なんて聞かれたとしたらあやふやなイメージしか浮かばない人も多いのではないでしょうか?

今回は「お盆」と「お彼岸」のあやふやをハッキリさせましょう☆

お盆とお彼岸の違いって?

そもそも「お盆」と「お彼岸」の違いとはなんでしょう?

まずは「お盆」

現在では仏教行事として定着しているお盆ですが

日本では仏教が伝来する以前から神道としてもお盆にあてはまる神事があったようです。

神仏習合の行事であったものがだんだんと仏教色の方が強くなりました。

「お盆」は先祖のために供養をし、生きている人々に食事を振る舞うことで、報恩感謝をささげ布施行をする日となっています。

では「お彼岸」とはなんでしようか?

彼岸とは文字の通り”川を隔てた向こう側(彼の岸)”で

仏の住む浄土の世界のことです。

真西に太陽が沈むこの時期が対岸の域に一番近い日ということなどから

その浄土に渡るためにもお彼岸のこの時期を仏道修行の期間と捉え、修行をします。

中日に先祖に感謝し、前後三日間は意識して善事を行います。

「お盆」と「お彼岸」の違いは

お盆は先祖のために供養をする日。

お彼岸は先祖に感謝し、修行する期間である、ということです。

「お盆」も「お彼岸」も先祖供養をすることは同じですが

意味はこんなに違いがあったんですね(・。・;!!

お盆とお彼岸の時期はいつ?

次に「お盆」と「お彼岸」の時期について知っておきましょう☆

「お盆」は、7月13日の”盆の入り”から7月16日の”送り日”までの期間が一般的です。

「月おくれ盆」といって1ヶ月おくれの8月13日から16日に行われるところもあります。

「お盆」はもともと旧暦の7月15日であったことから、新暦にあてはめて8月15日を「お盆」 とする地方も多いようです。

関東方面(東京・静岡・名古屋)は7月

その他の地区(函館・熊本は除く)は月おくれ盆。

旧暦の7月(新暦の8月下旬)のところもあります。

お盆は地方によって期間が違うんです!

次に「お彼岸」ですが

お彼岸には春彼岸秋彼岸があります(^^)

それぞれ春分の日、秋分の日を中日として

その前後の3日を合わせた7日間をお彼岸といいます。

彼岸の中日である「春分の日」、「秋分の日」は国民の祝日で

春分の日は『自然をたたえ、生物をいつくしむ日』

秋分の日は『祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日』

といった趣旨があります。

どちらもその年によって変動します。

2015年のお彼岸は

【春彼岸】

3月18日の彼岸入りから

3月21日が彼岸の中日で春分の日(祝日)

3月24日に彼岸明け

【秋彼岸】

9月20日の彼岸入りから

9月23日が彼岸の中日で秋分の日(祝日)

9月26日に彼岸明け

…となっています(^^)/

お盆とお彼岸の由来とは

「お盆」と「お彼岸」の違いがわかると

次に気になるのはそれぞれの由来ですね(*´ω`*)

「お盆」と「お彼岸」の由来も知っておきましょう☆

「お盆」とは盂蘭盆会(うらぼんえ)のことを略してお盆と言います。

もともと釈迦の弟子が集まって修行をする期間「安居(あんご)」がありました。

この時に弟子の中でも神通力が一番と言われていた目連(もくれん)

餓鬼道(がきどう)に堕ちて飢えと渇きに苦しんでいる母の姿が見えて釈迦に助けを請います。

すると釈迦から母親の代わりにお前が布施行をしなさい、と言われたため

安居(あんご)最後の日に多くの僧や貧困に苦しむ人達に飲食物などを施したのです。

すると、その功徳によって母親は極楽往生をとげることができた

…という仏教の故事からきています。

それ以来、この日をお盆と呼ぶようになりました。

cc370b9ad943c887791bcd183f5e926e_m

「お彼岸」は彼岸会(ひがんえ)とも言い、春分、秋分の日を中日として前後3日間ずつの1週間のことを言います。

彼岸とは仏教用語の向こう岸、つまり極楽浄土を指しています。

なぜかと言うと

仏教には西方浄土といって、西に極楽があるという考えがあり、

春分の日、秋分の日は太陽が真東からのぼり、真西に沈むこの日は

極楽浄土の方角がはっきりわかるからです。

「お彼岸」は西方浄土に思いを馳せ、修行することから始まった日本独自の行事です。

お彼岸は仏教行事ですが、インドや中国にはない日本独自の行事なんですね。

まとめ

いかがでしたか(*^^*)?

なんとなくは分かっていた「お盆」と「お彼岸」

今までのあやふやさはスッキリしていただけたでしょうか(^^)

違いや由来を知ると

心構えまで変わってくる気がします(*´ω`*)

今年のお盆には先祖のために供養をし

お彼岸には先祖に感謝しながら意識して善行を行いたいですね(^^)♪