台風のときにやってくる頭痛の原因って低気圧のせい?その対処法は?

ライフスタイル

359839307b6f4ced3a53cfa06eaea0e3_s

台風が近づくと頭痛がする、という人。

意外と多いようです。

なぜ台風が来ると頭痛がするのでしょう?

頭痛がする原因と台風の時の頭痛の対処法を紹介します☆

台風が来るといつも頭痛がするのはなぜ?原因ってなに?

台風が来るといつも頭痛がする…。

気のせいかとな?と思うこともあるかもしれません。

ところが同じように台風が来ると頭痛がする、という人は

実はかなり多いんです!!

台風のほかにも雨や雷、大雪などといった天気の悪い日に限って

頭痛がする、頭が重くなる…などといった体調不良になる人は多く、

これらの症状は「天気痛」と呼ばれています。

台風が原因で頭痛がするのは気のせいではなかったんです(>_<)! では何故台風が来ると頭痛がするのでしょう? 頭痛には主に「片頭痛」「緊張型頭痛」がありますが

気候の変化で頭痛になりやすいのは普段から「片頭痛」がある人です。

頭痛が起こるのは、脳の血管が広がって周囲の神経が刺激されるため。

温度の変化、気圧の変化などを脳が敏感に感じ取って

血管が広がってしまうことが片頭痛のもととなっています。

台風が近づくと大きく気圧が変化しますから片頭痛が起きやすくなるのです。

台風が来たら頭痛がするのは

“気圧の変化が大きい”ことが原因だったんですね(@.@;)!

台風のときの頭痛は低気圧が関係している?

熱帯の海上で発生する「熱帯低気圧」のうち

北大西洋の南西部に発生し、低気圧域内の最大風速(10分間平均)が

毎秒17.2メートル以上に発達したものを台風といいます。

つまり台風とは大きな低気圧ということになります。

そのため、台風のときの頭痛は低気圧が関係しているのでは?

と感じている人も多いと思います。

人体には気圧の変化をキャッチするセンサーが備わっていて

気圧が下ってくると交感神経の働きが活発になります。

交感神経の働きが活発になると身体は緊張状態となり、

頭痛や頭が重くなる…などといった体調不良を引き起こします(>_<) 交換神経が優位になると痛みが感じやすくなる作用があるために 普段は感じない痛み“雨で古傷が痛む”ということも起こってくるんですね(@_@)!

つまり正確には台風のときの頭痛に関係しているのは

低気圧そのものではなく、低気圧よる「気圧の変化」だと言えます。

台風のときに毎回悩まされる頭痛への対処法はある?

毎回悩まされる台風のときの頭痛。

どうにかしたい!!ですよね(;_;)

気圧の変化により頭痛が起きたときの対処法を紹介します。

【冷やす】

血管が広がって周囲の神経に刺激を刺激するのをふせぎます。

とくにこめかみには大きな血管があるため、そこを濡れタオルなどで抑えます。

逆にシャワーや入浴など温める行為は血管を広げてしまうので避けましょう。

【甘めのコーヒー】

軽い頭痛なら、頭痛が始まった時にコーヒーを飲むと痛みがやわらぎます。

カフェインには少し神経を麻痺させて血管を縮める作用があるためです。

砂糖も一緒に摂ると血糖値があがり脳の血管が縮むため

甘めのコーヒーの方がおすすめ。

コーヒーが苦手な人は紅茶か緑茶などカフェインを含む飲み物ならOKです(^^)

【暗い部屋でやすむ】

頭痛が始まってしまったら静かな暗い部屋でやすむようにしましょう。

ゆったりと腹式呼吸をするのも乱れてしまった自律神経を元に戻してれます。

無理をせずリラックスするのが大切です。

まとめ

いかがでしたか?

台風のときにする頭痛

その原因と対処法を紹介しました。

原因は自律神経の乱れですからまずは日頃から“規則正しい生活”を心がけましょう♪

ホルモンバランスを整えることで改善が期待できます(^-^)

頭痛が始まってしまったら対処法を実践して

無理をしないでゆっくり休んでくださいね。