にんじんの保存を冷蔵庫で出来るだけ長期的にできる?しわしわ防止策とは?

ライフスタイル

1187ed8d8d5a0b0a5596bc0c3835800c_l

常備野菜として、どのご家庭にもあるにんじん

これからの暑い季節、カレーなどを作るのに欠かせない!

という方も多いのではないでしょうか(*゚∀゚)

セールになっていて大量に購入したけれど保存方法がわからない。

これからの季節、いつもの保存方法で大丈夫?

そんな方のために今回はにんじんの保存方法をご紹介します(*^^*)

にんじんの保存を冷蔵庫でしたい!気をつけることってある?

傷みが早いこの季節は、にんじんも冷蔵庫で保存される方がほとんどでしょう。

冷蔵庫に保存するのにもコツがあります。コツをつかんでしっかり保存しましょう。

まず、葉や茎が少しでも残っている場合は切り落とします。

土がついていたら、きれいに落としてしまいましょう。

水分を嫌う野菜ですので、洗ったあと水分はしっかりと拭き取ります

新聞でくるんでからポリ袋に入れ、出来れば立てて野菜室に保存してください。

保存状態を確認した時に、汗をかいていたら拭き取ってあげてください♪

保存期間はだいたい1~2週間、長くて3週間です(*´ω`*)

にんじんを保存する時に出来るだけ長期的に持たせる方法とは?

生のにんじんを長期保存させる方法を2パターンご紹介します。

1つめは冷暗所で保存する場合です。

家の中で涼しくて風通しがよく、日の当たらないところに保存しましょう。

室温が0度~10度に保たれているとベストです(*°∀°)=3

まず、葉や茎を切り落とし、きれいににんじんを洗います。

水気を拭き取ったにんじんを1本ずつ新聞紙にくるみます。

ポリ袋に入れてしっかりと口を閉じたら、出来るだけ立てて保存します。

上記の室温なら2週間~4週間は保存できます☆

冷暗所がみつからない場合は、やはり冷蔵庫保存をおススメします。

そして2つめは冷凍保存するという方法ですΣ(゚Д゚)

まず、しっかり芯までにんじんを茹でます。

大切なのは、その後に水気をしっかりと取ることです。

そして冷凍します。

解凍する際はもう一度茹でて解凍します。

この保存方法で1~2カ月保存できます(*´∀`*)

家庭菜園で収穫したにんじんや、土のまま購入したり頂いた時の方法はこちらです!

適当な大きさの段ボールに、土がついたままのにんじんを入れます。

にんじんの隙間やにんじんが隠れるように、出来れば畑の土を入れます。

あとは、室温が0度から10度に保たれている場所に蓋をして置いておくだけです。

少し芽が出てきたりしますが、4~5カ月保存できます(・∀・)

にんじんを保存したいんだけどしわしわになりにくい方法ってあるの?

にんじんを普通に置いていたら、しわしわになってしまった。

しわしわにはなっていないけど、なんとなくフニャッとしている。

このような経験はありませんか?。゚(゚´Д`゚)゚。

しわしわになってしまう対策は上記の保存方法と同じです。

では、実際に元気がなくなってしまった場合の対処方法をご紹介します。

ボールなどにたっぷりの水を入れ、その中ににんじんを入れます。

半日ほど冷蔵庫に入れておけば、堅くなります♪

他にはグラスに水を入れて置き、にんじんを茎の方(太いほう)から立てます。

時々乾いている反対側も、グラスの水に浸けてあげます

そうしてしばらくすると、元気なにんじんになりますよヽ(=´▽`=)ノ

まとめ

にんじんは常備野菜として、とても便利ですが保存方法にコツがあります(*´∀`*)

保存する場合は洗った水気は拭き取る。(傷みの原因になります)

新聞紙でくるむ。

立てて保存する。

保存場所の温度に注意する。

冬場は、気温が低い部屋ならそのまま保存できますが、暖かい場合は冷蔵庫へ。

やわらかくなったにんじんには水分を与える。

上記の保存方法を覚えてしまえば、

セールのときにたくさん買ってしまっても安心して保存できますね♪

ぜひ試してみてください(*´ω`*)