お通夜のときの服装について知りたい!女性親族の場合は?髪型は?パールは必要?

ライフスタイル

4863f8e389e7b382581658be1e55ebaf_m

突然の身内の不幸…。

訃報を聞いたらとにかく駆けつけよう!と思いますが

いざ出かけようという時にお通夜やお葬式のマナーについて

これでいいのかな?と迷うことはありませんか?

今回はお通夜での服装について紹介します。

お通夜での服装について~女性編~女性親族の場合の基本的なスタイル

お通夜とは、もともとは訃報を聞いて親族やごく親しい人が駆けつけて

故人の死を悼み夜通し過ごすものでした。

ですので、以前はお通夜で喪服を着る必要はなかったのです。

しかし昨今では夜通し過ごすと言うことはあまり一般的ではなくなってきました。

そのため、仕事帰りでも立ち寄ることが出来るお通夜に参列する人が増えてきました。

そこで、お通夜でも喪服を着る必要が出てきたのです。

特に遺族である場合はお通夜であっても正礼装を着用することが望ましいとされています。

正礼装には和服と洋服があり、どちらでも構いませんが 喪主夫婦や故人の妻などが和服を着用します。

親族も同様に喪服を着用しますが、喪主・遺族よりも格上の喪服にならないように気をつけます。

親族なので!としっかり正式喪服を着て行ったものの

喪主・遺族は略式喪服であるとマナー違反になってしまいます。

女性が親族として参列する場合は膝がかくれる丈の黒いワンピースやスーツが一般的です。

黒、紺、グレーを基調とした地味な色のスーツ、ワンピース、アンサンブルなども基本となります。

ストッキングは黒を着用しましょう。

靴とバッグも黒のものを。 装飾のないシンプルなものにします。 また爬虫類の皮の靴やバックはNGです。

お通夜での服装について~女性編~ロングヘアーの髪型のまとめ方

服装については準備ができました

次に気になるのは髪型のことです。

ロングヘアーの場合はどのようにまとめておけばいいのでしょうか?

ストレートで黒いロングヘアーの場合は 黒いゴムで後ろにひとつに結んでおきます。

お辞儀をした時に髪が落ちてこないようにしっかり結んでおきましょう。

高い位置で結んでしまうと派手な印象になってしまいますので 髪はうなじ部分の低い位置で束ねます。

では、カラーをしている、パーマをかけているなどのロングヘアーの場合は

どのようにまとめておけばいいのでしょうか?

カラーやパーマのロングヘアーだと後ろで一つに束ねるだけでは 派手な印象が残ってしまいます。

そんな時には“フォーマル・バレッタ”がオススメです。

後ろで一つに束ねるところまでは同じですが

束ねたゴムの少し上にバレッタを留めて

束ねた毛先をバレッタについているネットに入れてしまいます。

簡単にキチンとしたフォーマルヘアの出来上がりです。

お通夜での服装について~女性編~パールについて

お通夜やお葬式などに参列するにあたって

“派手にならないこと”は心がけるべきことではありますが

アクセサリーはどうなるのでしょう?

基本的にアクセサリーは身につけません。

本来は結婚指輪以外は身につけないのがマナーでした。

しかしお通夜やお葬式には真珠、となんとなく聞いたことはありませんか?

でも、これは真珠を”身につけなくてはならない”ということではありません。

真珠には『月のしずく』『人魚の涙』とも呼ばれ涙を連想させること、

また輝きも控えめであることなどから

お悔やみの席でも真珠は着けてもよいと言われるようになったのです。

色は白か黒のもの。 また一連のものにして二連以上のものは着けないようにします。

お悔やみの席が重なることをイメージさせるため 着けるなら一連のネックレスにしましょう。

またネックレスを着けたら合わせてピアスやイヤリングなども着けたいところですが

派手な印象になってしまいますので、身に付けるのはネックレスだけにします。

まとめ

いかがでしたか?

親族としてお通夜に参列する際の服装と髪型、アクセサリーについて紹介しました。

最近は色々とマナーも緩くなっているようですが

マナーというのは“相手のことを考える”ことだと思います。

お通夜に参列する際には“遺族の気持ちに配慮する”ということが

一番大切なマナーなのではないでしょうか。