クーラーに当たりすぎると体がだるいのはなぜ?解消方法と対策とは

ライフスタイル

56860a8d8d573f5026f214401fa0bbe0_m

タイマーにしていたら、切れた途端に目が覚めてしまったり・・。

こんなに冷やしたら逆に風邪を引いてしまうと思いつつ

温度を上げると暑さに耐え切れなくなったり・・。

あまりつけすぎていてもよくないのだろう…とは思っていても

クーラーなしの夏は耐えられそうにありません(>_<;) 今回はクーラーに当たりすぎるとだるくなる原因から

解消方法対策まで紹介します(*´∀`*)

クーラーをつけっぱなしで寝ると翌日体がだるいのはなぜ?

夏の夜は寝苦しくてクーラーをつけて眠ることも多いですよね。

切れると暑くて目が冷めてしまったりして

気がつけば一晩中クーラーをつけていた…ということも(´・ω・`)

そんな時は翌日なんだか体がだるいと感じませんか?

クーラーをつけっぱなしで眠ると翌日体がだるくなるのは何故なんでしょうか(・_・?)

わたしたちの体は通常体温が一定に保たれています

気温が上がったからといって体温も上がるということはありません。

それは暑ければ汗をかくことで体内の熱を外に出して体温を下げているからです。

しかし日中もクーラーの効いた室内で過ごし

寝ている間もクーラーをつけっぱなしで眠っていては

暑い夏にも汗をかくことができず、体から熱が奪われていきます(>_<;) 眠っている時間は人間にとって体全体の温度を下げて機能を休ませる大切な時間です。

クーラーをつけっぱなしの室内で眠っていると

皮下表面の温度が下がったままになり

冷気にさらされ続けることとなりますので

自律神経の障害に繋がってしまいます。

自律神経のバランスが崩れると

体はなかなか温まらなくなり、汗をかきにくくなります。

すると乳酸などの疲労物質が体内にたまってしまうため

起きた時にだるさや疲れを感じることになるのです( *д*)

つまりクーラーをつけっぱなしで寝ると体がだるくなるのは

自律神経が乱れることが原因となっているのです。

クーラーに当たりすぎて全身がだるい!ベストな解消方法とは?

では、クーラーに当たりすぎたことによって

全身がだるくなってしまった時の解消方法を紹介します。

[冷たいものを控える]

クーラーに当たりすぎると自分でも気がつかない内に

体はずっと冷えた状態になっています。

冷たいものを摂り過ぎないように気をつけて

体を温めてくれるものを選んで食べるようにしましょう。

冷たい飲み物を飲むのは控えて、常温温かい飲み物を飲むようにします。

しょうがやにんにく、唐辛子やハーブ類などは体が温まるだけでなく、

食欲も増進されるのでおすすめです(^^)b

[体を動かす]

意識して体を動かすことで血流をよくしましょう。

オフィスで座っている時にも足先のストレッチなどで解消することができます。

足首を回してみたり、足の指を広げてみたり。

簡単な運動でも効果は大です

[ぬるめの湯に浸かる]

暑い夏はついついシャワーですませてしまいがちですが

ぬるめのお湯に浸かって1日の疲れを癒やしましょう。

クーラー病になってだるいと感じてしまう前に!事前に対策しよう

クーラーに当たりすぎたことが原因のだるさや頭痛等の不調は

“クーラー病”などと呼ばれています。

“クーラー病”にならないために普段からの工夫で事前の対策をしましょう(*´∀`*)

[クーラーの設定温度を上げる]

クーラーの設定温度を25~28℃にして寒さを感じない温度にします。

自律神経は5℃以上の急激な温度変化に対処できないため、

室内と外気との温度差が5℃以上にならないようにしましょう。

[肌を保温する]

冷えに敏感な女性は、オフィスでカーディガンやストールなどを羽織って自衛していますが

男性は自分が冷えているということにも気づいていない場合があります。

クーラーの入った室内では上着を羽織る等の対策をしてみましょう。

[適度に体を動かす]

血流をよくするためにも運動をしましょう。

ウォーキングで足の筋肉を鍛えるのは特にオススメです。

[しっかり食事]

体を冷やさないものを食べるようにします。

スタミナがつくものを意識して食べるのもいいですね(^^)b

夏野菜フルーツなどの栄養豊富な食品を食べて

“だるくならない体づくり”をしておきます(^^)

まとめ

いかがでしたか?

クーラーをつけっぱなしにすると

だるくなる原因から解消方法、事前の対策までを紹介しました。

ついつい部屋を冷やし過ぎてしまう。

ついつい冷たいものばかり飲んでしまう。

そんな夏の習慣を変えて、今年はだるさ知らずの夏にしましょうヾ(〃^∇^)ノ